【フルタイムワーママ5年目】仕事と家事育児を継続させるコツ3選

スポンサーリンク
仕事
記事内に広告が含まれています。

今年の4月、フルタイムワーキングマザーになって5年になりました。
育休から復帰したての頃は、知らない人達の中、慣れない仕事を右往左往しながら、毎日を過ごしていたような気がします。

毎日仕事を辞めたい、と思っていたのですが気が付けば5年が経ち、ちょっとだけ昇進もしました。
決して順風満帆とは言えないのですが、それでも続けられたのはちょっとしたコツがあったのかなと。

まだまだ改善の余地はあるのですが、それでもなんとか5年フルタイムで仕事を続けることができた3つのコツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.完璧を目指さない


何をおいてもまずはこれです。

やらなければならない事・やりたいことは無限に出てきますよね。

1日は24時間。全部ひとりで完璧にこなそうと思っても、絶対無理です。
むしろ、ひとりで全部やろうと思うと逆に全てが中途半端になってしまうことも……。

そうなると自己嫌悪に陥ってしまい、ますますうまくいかない悪循環に。

それが昔の私でした。

Instagramに出てくる家のように、いつもすっきりピカピカにしたい!
子どもたちには手作りのお菓子や無添加の手料理を毎日食べさせたい!
もちろん仕事もバリバリやって、子どもがいない人と同じように認められたい!

でもすぐに気づきましたよ。目的と手段を間違えているな、と。

それからは、私のキャパと、子どもたちの健康とちょうどよいポイントを見極めて(それを見極めるのにも時間がかかったのですが)、ストレスが減りました。

お母さんがストレスでいつもイライラしているのって、子どもたちの成長にも悪影響なんですよね。
そこがわかっていなかった…。
いくら家がきれいでも、子どもたちとの関係が悪かったら元も子もありません。

まずは、手放せるものは手放すことが第一歩です。

2.何を一番大切にするか明確にする


仕事が何よりも大切!
いやいや、子どもとの時間だよ!
やっぱり健康な食卓を作るのが私の役割!

人それぞれ大切にするものは少しずつ違ってきます。

「一番大切なもの」を明確にすることで、やりたいことがいっぱいあっても「私が今やることはこれ!」と悩まず決めることができるのです。

仕事・家事・育児をやっていると、悩むのも面倒になってきますよね。
そんな時、「なりたい自分」への近道は「優先順位をしっかり決める」ことだと思います。

ちなみに私は、子どもとの時間を最優先しています。

なので、食事が適当な時も多いし、家がぐちゃぐちゃのときも多いです。
でも、子どもとの時間はできる限り大切にする。

ここがブレないので、後悔することも少なくなりました。

もしかしたら今後は優先順位が変わるかもしれませんが、時間の使い方には満足しています。

3.人に頼る・便利サービスを利用する


子どもが産まれるまで「お母さんはなんでも手作り」神話を信じ切っていました。
また仕事でも「だれにも頼らず一人でやれ」と新入社員の時に教わったことを愚直に守っていました。

その結果何が起こったかというと、下の子出産直後、誰にも助けを求められず倒れてしまったのです。

もちろん自分のことは自分でやる、ということは間違いではありませんし、手作りが良いことは確かです。
でも、人の助けや便利サービスを使うことで、無駄な苦労やストレスを減らすこともできます。

私の場合、まずは毎日の献立を考えることを捨てました。
仕事でも、他の人ができることは手出ししないように心がけています。

人によってはロボット掃除機やドラム式洗濯機を使って時短している人もいるでしょう。

やらなければならない事はたくさんあるからこそ、時短できることは時短し、頼れることは頼りましょう!

子育ては持久戦!自分に合うペースを見つけよう


仕事と家事・育児のコツを3つご紹介しました。

  1. 1.完璧を目指さない
  2. 何を一番大切にするか明確にする
  3. 人に頼る・便利サービスを利用する

特にこの中でも一番重要だな、と思うのが

「完璧を目指さない」

これにつきます。

捨てられる重荷を捨て、少しでも苦労やストレスから解放されましょう!



お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。
にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ
にほんブログ村