「マミートラック」という働き方のメリットとデメリット。この働き方、悪いことばかりではないんです。

ワーママのお仕事の現実

働くお母さんなら一度は聞いたことのあることば「マミートラック」。

ネガティブな言葉として知られています。

 

わたしは勘違いしていたのですが、マミートラックとは働き方のひとつだそう。

マミートラックとは

こちらのサイトによると、マミートラックとはこういうことです。

「マミートラック」とは、子どもを持つ女性の働き方のひとつで、仕事と子育ての両立はできるものの、昇進・昇格とは縁遠いキャリアコースのことです。

職場の男女均等支援や仕事と育児の両立支援が十分でない場合、ワーキングマザーは往々にして補助的な職種や分野で、時短勤務を利用して働くようなキャリアを選ばざるをえなくなり、不本意ながら出世コースから外れたマミートラックに乗ってしまうことが少なくありません。

コトバンクより

 

働くお母さんと言っても、状況はひとそれぞれ。

全ての人が「子供ができる以前と同じように働きたい」、というわけではありません。

では、この「マミートラック」という働き方のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

「マミートラック」という働き方が合っている人とは

「マミートラック」というと、あまり良い意味で使われないのですが、それでもメリットはあります。

それは、より家庭に重きをおける働き方ができるということです。

 

  • 仕事は嫌いではないけれど、ほどほどでよい。
  • むしろお金があるのならやめても良いくらい。
  • 本当はもっと子供と一緒にいたい。

 

こういう人にとって「マミートラック」という働き方はちょうど良いのではないでしょうか。

その証拠にYahooの検索で「マミートラック」と入力すると「乗りたい」と予測検索が出るんですよ。

必ずしも子供がいなかった時と同じように働きたい!という人ばかりではないんです。

 

「マミートラック」という働き方が嫌、という人はどういう人か

次に、「マミートラック」という働き方が合わない人を考えてみましょう。

まず思いつくのが、「がっつり働きたい、出世したいという人」ですね。

 

責任のある仕事がしたい人だったり、出世したい人にとっては、あまり責任のない仕事というのはつまらないものだと思います。

本当はもっと責任のある仕事がしたいのに…というフラストレーションがたまる要因でもあります。

 

「マミートラック」という働き方のメリットとデメリット

■マミートラックという働き方のメリット

  • 子供と一緒にいる時間が増やせる可能性がある
  • 責任の重い仕事をしなくてもよい
  • より家庭に重きをおける

■マミートラックという働き方のデメリット

  • 子供がいない時と同じように働きたい人にとっては、物足りない
  • 出世が遠のく
  • やりがいのある仕事を任せてもらうことが減る・なくなる
  • 収入が減る

 

ご覧のように、決してデメリットばかりではないということがわかると思います。

 

独身の人も既婚の人も、そして子供がいる方もいない方も。

働き方はひとつではありません。

なので、「一歩引いた働き方をする選択」もあるんだよ、ということを知っておくだけでも、今後の助けになるのではないでしょうか。

気持ちが楽になるかもしれないですね。

 

「マミートラック」もしっかりとしたひとつの働き方。

けっして悪い物ではありません。

 

けれど、不本意にマミートラックに乗らないといけなくなった時はどうすればよいのか。

その対処法については、後日書きたいと思います。

追記:書きました~

マミートラックに乗ってモヤモヤしているお母さんへ。【脱出方法のヒントもあります】
最近になって「マミートラック」ということばをよく聞くようになってきました。 「マミートラック」とは、働き方のひとつです。 望まない仕事を任される、という状況を指す場合もあるようですね。 そんな「マミートラック」という働き方。 ...