現役フルタイムワーキングマザーのタイムスケジュールを公開します(子供:1歳と3歳)

テーブルに置かれた時計 ワーママのお仕事の現実

もうすぐ育休が終わるなぁ。

よし、心機一転仕事をがんばるぞ!

 

でも、働くママは毎日どんな生活を送っているんだろう?

こういう悩みを持つお母さん。

そう、それは過去のわたしです。

フルタイムで仕事をしつつ、2人以上の子供を育てている友人はいません。

となると、やっぱり頼りになるのは「ネットの情報」でした。

 

でもないんです。フルタイムで働いている人で子供を2人以上育てている人の情報って。

ここで2人以上にこだわったのが、2人の子供を育てていると、子どもが1人と時と時間の余裕が全く違ったからです。

 

正確に言うと、ネットに情報はあることはあったのですが、私にとって参考にならないものばかりでした。

なので今、育休終了前で同じように悩んでいる人のために

参考になるかならないかはわかりませんが、記録として残しておこうと思います。

 

スポンサーリンク

現役フルタイムワーキングマザーのタイムスケジュール

5:30 起床。朝ごはんを作った後、自分の準備をします。
6:30 前日夜に部屋干しした洗濯物を外に出し、子どもを起こします。
6:40 朝ごはん→子どもお着替え、洗顔、歯磨き
7:20 出社。保育園の送迎は夫担当です。通勤時間は片道1時間半です。
9:00-17:30 お仕事です。IT企業でSEをやっています。
19:00 帰宅。休む暇もなく、食事つくり開始です。
19:45 夕食
20:45 少し遊んでからお風呂
21:15 子ども就寝。寝かしつけは夫担当です。(ありがたい!)
21:30- 1回目の洗濯中に、パソコンタイム。約45分でできるところまでやります。
以降

片付け→洗濯→明日の準備→パソコンタイム。体力切れたらそこで終了。

だいたい2時には寝るようにしています。

本当に夫には感謝しています。

正直家事は全然やってくれないのですが、その代わり育児を頑張ってくれているのがありがたい。

わたしは寝かしつけが全くダメ(100%寝てしまう)なので、得意なことをお互いにやっているという感じですね。

 

フルタイムワーキングマザーがタイムスケジュールを組むときのコツ

やっぱりまずは試行錯誤することです。

頭で考えても、実際やってみると違う!ということは多々あります。

ならばやってみて、少しずつ修正するのが一番の近道なんですよね。

私もタイムスケジュールが落ち着くまで、結構時間がかかりました。

そして忘れていはいけないのが、「夫の協力」です。

まぁ最初の頃はひどかったですよ。でも今はしっかりと育児をしてくれます。

育児参加してくれるようになったポイントは3つです

  1. 家事・育児すべてやらなければならないことを書き出した
  2. 家族みんながうまく回るように、「ゴールは何か」を共有した
  3. 感情的にならず、データを示した。

男性ってね、データを示してあげるとちゃんとわかってくれます。

感情的になったらダメ。

具体的な数字を出さずに「大変だから」「いっぱいだから」ではダメ。

 

これが、フルタイムワーキングマザーがタイムスケジュールを組みやすくするコツですね。

 

 

まとめ

フルタイムで働くわたしの「タイムスケジュールをうまく回すコツ」をまとめてみます。

  • 夫と協力する
  • 夫と「ゴール」を共有する
  • やらなければいけないことは何か、全部書き出して見せる
  • 話し合う時は感情的にならない

 

どのようなやり方が自分に一番合うかって、やっぱりひとりひとり違います。

全く同じ人間がいないように、全く同じやり方でうまくいく人ばかりでもありません。

私は次の日の夕食を前日の夜に作るとか…育休が終わるまで考えたこともありませんでした。

でもやってみたら、あれ?これいいかも!となって、採用することに。

ですので、1つでも何か使えそうなものがあったなら、ぜひとも試してみてください。

そして、有意義な毎日を過ごしてくださいね。