あなたはどんな醤油を使っていますか?本物の醤油の選び方を伝授します!

醤油と豆の画像 食事

突然ですが、あなたは普段「醤油」を選ぶときは、どのような基準で選んでいますか?

ネームバリューのあるメーカー?素材?それとも値段?

 

良い物は値段が高いことが多いです。

だからと言って一番高い物ばかり買っていたら、お財布が大変なことになります。

avatar

悩んでいる女性

家族のためにできるだけ良い醤油を買いたいけれど、お金がたくさんあるわけじゃないし…。

どんな基準で選んだらいいんだろう?

そういったお悩みにこたえたいと思います。

ちなみになぜ調味料を厳選するのか。

その理由はこちらの記事でご紹介しましたので、気になる方は見てくださいね。

時間のない人が、簡単に健康的な食生活に変えるには?【これだけ変えればOK!】
健康的な食生活を送りたい。でもどこから手を付ければいいの?そんな悩みを持つあなたに、数年間食事について試行錯誤して答えを見つけた私が、お金をかけず・しかも簡単に食生活を良い方向に変える方法をお伝えします。もちろん難しいことは何一つ不要です。
スポンサーリンク

「本物の醤油」とは、日本に昔から伝わる製法で作られたものです。

そもそも「本物の醤油」とはどういうものかというと、ひとことでいうと「日本に昔から伝わる製法で作られたもの」です。

なぜ「昔から伝わる製法」がよいかというと、それは「栄養素」が高いからです。

わたしはこちらの本で学んだのですが、そこではいわゆる「酵素」がとても豊富だそう。

安い醤油は、この「酵素」が天然のものと全く違うそうです。

もちろん味も違います。2年ほど前から醤油を変えたのですが、最初「本物の醤油」を味見した時は、ちょっとした衝撃を受けました。

ちなみに私が使っている醤油はこれ。

本で紹介されている醤油とは違う物なのですが、信頼する人が勧めていたので購入しました。

確かにスーパーで売っている醤油よりは、かなり高いですよね。

でも食材と違い、毎日使うわけではありません。そして超高級醤油よりは安いです。

なのでちょっとしたご褒美感覚でこの醤油を購入しています。おいしいですよ♪

本物の醤油の選ぶ時は「素材」だけじゃなく「製法」も見てください

「本物の醤油」を選ぶとしたら、どんな観点で選びますか?

恐らく多くの人が「素材」を見ると思います。もちろん「素材」は重要!

でも、「素材」だけじゃちょっと足りないんです。ここに「製法」もプラスして欲しいんです!

 

「製法」というとちょっと難しいのですが、簡単にいうと「時間をかけて作られた物」が本物の醤油の証でもあります。

実はコストが一番かかるのが、この「時間」です。

短時間で作れば作るほど、コストがかかりません。そして逆に時間がかかるものにはコストがかかる。

この「時間」の差が価格の差にも表れます。

 

じゃあなぜ、「時間」をかけると「本物の醤油」と言えるのか。

それは、先ほど説明した「酵素」は時間をかけると増えていくからです。

 

なので「素材」だけではなく「製法」も見てほしいなとわたしは思います。

スーパーで「本物の醤油」を選ぶ時の優先順位はこれ!

先ほど「製法」が大切と書いたのですが、実はスーパーで販売されている醤油は製法が書かれていない物がほとんどです。

なのでスーパーで販売されている醤油の選び方のポイントは「素材」が主になります。

上から順に、「これは絶対」という物を書いてみました。

  1. 「豆」の種類が「脱脂加工大豆」ではなく「丸大豆」
  2. 素材は3つ「丸大豆」「小麦」「塩」
  3. 素材は国産
  4. 素材は無農薬
  5. 1年以上かけて作られた天然醸造

実は1,2を満たすものすら少ないというのが、現在のスーパーの状況です。(わたしの近所のスーパー調べ)

脱脂加工大豆のものが多かったり、アルコールが入っていたり。

あとは「アミノ酸」などの調味料が入っている醤油(これは醤油と言えるのか?)もありましたね。

これは買いたい!と思える醤油は、1店舗につき1商品あるかないか、という状況でした。

 

もしお金が気になるようだったら、せめて1と2を満たす醤油を選んでください。

このような醤油ならば、結構安い価格で販売されています。

ネットショップで「本物の醤油」を選ぶ時の優先順位はこれ!

ネットショップはスーパーと違い、製法やこだわりなどを確認できることが多いです。

ですので、ネットショップで醤油を購入する際はぜひ「製法」にこだわっている醤油を選んでください。

選ぶポイントはこちら。こちらもスーパーと同様、上から順に優先順位が高くなります。

  1. 原材料が記載されている
  2. 「豆」の種類が「脱脂加工大豆」ではなく「丸大豆」
  3. 素材は3つ「丸大豆」「小麦」「塩」
  4. 素材は国産
  5. 素材は無農薬
  6. 1年以上かけて作られた天然醸造
  7. ネットショップの詳細や会社HPにこだわりが記載されている
  8. 木の樽が使われている、昔ながらの製法

実は、原材料が記載されていないネットショップもたまに見かけます。

たとえ本当に良い製品だったとしても、そのようなお店は避けるべきだと思っています。

だってお客さんに不親切ですよね。そして本当に自信があるなら、アピールするはず。

こういう部分も、ネットショップで醤油を購入するポイントになります。

私のお勧めする醤油を作っている会社はこちら

大徳醤油

有機 ~いのちの循環・多様な微生物の発酵~

蔵に住み着いた酵母や乳酸菌、さまざまな野生種が独自の生態系を作りながら、 かくふくたる味の醤油を醸していく‐私たちの目指すしょうゆづくりの姿です。幾多の生き物が土を作り豊かな実りを実現する有機農業に学び、「微生物多様性の醤油づくり」と名付け、「ご先祖様の酵母」のいのちの循環を大切にしています。

引用:大徳醤油:「大徳醤油のこだわり」

HPからも、こだわりが伝わってきます。このような会社の製品を買いたいな、と私は思っています。

まとめ

本物の醤油を選ぶ時のポイントを、もう一度おさらいしましょう。

  1. 原材料が記載されている
  2. 「豆」の種類が「脱脂加工大豆」ではなく「丸大豆」
  3. 素材は3つ「丸大豆」「小麦」「塩」
  4. 素材は国産
  5. 素材は無農薬
  6. 1年以上かけて作られた天然醸造
  7. ネットショップの詳細や会社HPにこだわりが記載されている
  8. 木の樽が使われている、昔ながらの製法

できるだけ当てはまる醤油をお勧めするのですが、絶対にこれじゃないとダメというわけでもありません。

どれだけ醤油にお金をかけられるかによっても変わってきます。

「大量に使わない調味料だから、ちょっと良い物を使いたい」という人は全てに当てはまる醤油を購入した方が良いでしょう。

また「できるだけ醤油も安いものが良い」という人は、できれば1~3に当てはまる醤油を買うことをお勧めします。

 

たかが醤油。されど醤油。

 

日本の宝でもある、伝統的な調味料を毎日の食卓で楽しんでください。

 

醤油について詳しく記載されているのはこちらの本です。

醤油に限らず日本人に合う食事について書かれているので、健康に気を使っている方にはぜひお勧めします。

 

 

 

食事
Chieをフォローする
スポンサーリンク
フルタイムワーキングマザーの生活